信州大学大学院教育学研究科心理教育相談室の概要

心理教育相談室は、次の2つの目的のために運営されています。

一つは、地域のみなさまの心理的・教育的問題について心理臨床的な援助サービスを行うことです。学校に関わる問題、心理発達、対人関係の悩みなどに対し、ご相談を承ります。

もう一つは、臨床心理士の養成を行うことです。大学院生が、経験豊富な教員(臨床心理士)のスーパーヴィジョン(個人指導)を受けながら、相談活動の経験を積みます。


相談のお申し込み方法

本相談室は完全予約制です。非常に多くのお問い合わせをいただいており、一時的に受付を休止する可能性があります。はじめに、以下の新規受付状況をご確認ください。

受付状況
現在、新規の受付を一時的に休止しております。再開時期は未定です。
ご迷惑おかけしますが、しばらくお待ちください。

受付可能でしたら、下記電話番号まで、ご予約のお電話をお願いいたします。

電話番号:026-238-4038(心理教育相談室直通)
受付時間:10:30〜14:30
受付曜日:月曜日〜金曜日(祝日を除く)

お電話いただいた後、本相談室での対応が可能かどうか、また、可能である場合には担当者決定の手続きに入ります。初回面接までにしばらくお時間をいただきますが、ご了承ください。


交通アクセス

写真

以下のマップをご覧ください。
アクセスマップ
※キャンパスマップの14番(左上)の建物に、心理教育相談室があります。

公共交通機関をご利用の場合、上記のアクセスマップのページをご覧ください。また、心理教育相談室をご利用になる場合、自家用車でお越しいただくことも可能です。お問い合わせください。


相談申し込みに当たってのご注意

以下の注意事項をよくお読みいただき、同意された上でお申し込みをお願いします。

面接担当者について

初回面接は原則として専門の教員(臨床心理士)が行います。初回面接の結果に基づき、その後のご相談を専門の教員が担当するか、大学院生が担当するか、検討します。大学院生が担当する場合には、必ず臨床心理士資格を持つ教員のスーパーヴィジョン(個人指導)を受けながら担当します。本相談室は、臨床心理士養成のための教育機関でもありますので、大学院生が主担当となる可能性があることについて、あらかじめご了承ください。

ご相談は有料です

ご相談は、担当者が専門の教員(臨床心理士)であるか、大学院生であるかに関わらず、有料です。具体的な金額については、以下の「面接の種類と料金」をご覧ください。なお、本相談室は医療機関ではありませんので、健康保険の適用はできません。

医療機関や他の相談機関に通われている方へ

お申し込み内容に関連する問題について、心療内科や精神科などの医療機関で診察を受けている方、あるいはカウンセリングルームなどの相談機関で相談を受けている方は、ご担当の先生とご相談の上、お申し込みください。また、初回面接時に、他の機関に通われていることについて、必ずお知らせください。

医療的ケアを希望される方へ

本相談室は医療機関ではありませんので、医療的ケアは一切できません。相談内容によっては、より適切と思われる医療機関や施設をご紹介する場合があります。

個人情報の取り扱いについて

本相談室は守秘義務を遵守しますので、利用者の個人情報が外部に漏れることがありません。ただし、司法領域から法的な情報提供を求められた場合は、その限りではありません。また、本相談室は研究機関でもありますので、利用者が特定できないようプライバシーに十分配慮した上で、専門の学会や研究会などにおいて、情報提供する場合があります。


面接の種類と料金

初回面接:3000円

概要をお話いただき、援助サービスの方針を検討します。時間は約90分です。

継続面接:2000円

初回面接後、継続的にカウンセリングを行います。時間は1回につき60分です。

遊戯療法・行動トレーニング:2000円

心理・行動上の問題を抱えた子どもに対して、遊戯療法、行動トレーニング、カウンセリングを行います。時間は1回につき60分です。

保護者面接:2000円

心理・行動上の問題を抱えた子どもや、育児の悩みをお持ちの保護者に対して、相談を行います。時間は1回につき60分です。

家族面接:3000円

親子・夫婦など、ご家族が一緒にカウンセリングを希望される場合に行います。時間は1回につき60分です

集団面接:1000円

グループでカウンセリングを行います。時間は面接内容により異なります。

コンサルテーション:3000円

心理・行動上の問題を抱えた方の関係者(教師・保育士・介護福祉士・職場の上司・産業保健スタッフなど)に対して、教育相談や援助指導を行います。時間は1回につき60分です。

個人スーパーヴィジョン:3000円

心理臨床家への助言指導などを行います。時間は1回につき60分です。

心理査定

心理査定(心理テスト)は、適切な援助計画を立案したり、援助効果を正確に把握するために必要なものです。査定結果はわかりやすく説明いたします。時間は、心理査定の種類や方法により異なります。具体的な料金は、以下の通りです。
発達検査:2000円
知能検査:2000円
性格検査:3000円
簡易検査:1000円


相談内容

写真

以下のような問題について、ご相談に応じています。

学校に関わる問題

学校に行けない、行かない
友達関係の悩み
いじめ
学業不振
反抗・非行の問題行動
など

心理発達に関わる問題

言葉の遅れ
多動
注意集中困難
知的な遅れ
自閉症
子どもに対する接し方がわからない
など

対人関係の悩み

人前でひどく緊張してしまう
人との接し方がわからない
引っ込み思案
友達や職場の人間関係
など

抑うつ、情緒不安定、心理状態

漠然とした不安感や落ち込み
いらいらしやすい心理状態
不安定な精神状態
性格・行動の悩み
など

自己の内面的理解や成長

自分自身の性格・行動・適性の理解
内気な性格の改善
生き方を見つめ直したい
など

教育・福祉・医療・産業の現場に携わっている方の支援

心理・行動上の問題を抱えた方への接し方
心理的支援方法のアドバイス
など